歯をなくしてしまっても快適な生活が送れるようにサポートいたします。

  • インプラント
  • ブリッジ
  • 入れ歯

ブリッジによる治療

ブリッジは、失ってしまった歯の両隣の歯を支柱に、人工の歯をかぶせる治療法です。固定式なので違和感は少なく、噛む力も安定します。また保険治療が可能なため、比較的安価な治療ができます。

一方で、ブリッジを固定するために両隣の歯を削る必要があり、支柱になる歯の負担が大きくなります。また、ブリッジの下の部分が磨きにくく、虫歯や歯周病になりやすくなるため、日々のブラッシングと定期的なメンテナンスが必要です。

イラスト:歯のない状態⇒両隣の歯を削る⇒人工の歯をかぶせる

ブリッジの特長

噛む力 天然の歯と同様に噛むことが可能です
違和感 違和感は少ない
審美性 使用する素材によります
歯への影響 健康な歯を削るため、周囲の歯の寿命が短くなります
手術 外科手術の必要はありません
耐久性 素材によって5年~7年ほど
治療期間 残っている歯の状態によって1週間~1ヶ月ほど
保険 保険治療が可能
(※自然な歯に近い審美的な治療は保険外治療)