お知らせ

【仙台の歯医者_大久保歯科】仙台市成人歯科健診

実は大事な「歯の根っこの治療」

歯の根っこに膿がたまってしまう状態を「根尖病巣」といいます。
慢性期にはほとんど症状がなく、目に見えない部分の治療ということもあり、症状が軽い場合、どうしても放置してしまいがちな部分です。

しかし大久保歯科では、歯の根っこの治療=根管治療にこだわっています。
その理由は、根尖病巣は全身の病気に関わっているといわれているからです。

身体の一部に慢性炎症があり、それが原因となって離れた他の臓器に病気を発症してしまうことを病巣感染といいますが、歯科で問題になる根尖病巣はあの「歯周病」です。

歯周病菌や根尖病巣に存在する細菌が血管内に侵入し血流に乗って全身を巡ることで、動脈硬化や高血圧、心疾患、脳疾患など、様々なリスクが高まると言われています。
たかがお口の中の一本の歯だけの問題ではないのです。

大久保歯科では、マイクロスコープや特殊な器具を使った根管治療は全て保険内で行なっており、特別に料金はいただいておりません。

もし根管治療途中で中断している方や、腫れたりひいたりを繰り返す歯を放置したりしている方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院までご相談してくださいね。