お知らせ

【仙台の歯医者_大久保歯科】衛生管理について

大久保歯科の衛生管理について

こんな新聞記事を読んで、同じ歯科医院として驚きを隠せませんでした。

『歯削る医療機器、半数使い回し…院内感染の恐れ』

全国の歯科医療機関の半数近くが、歯を削る医療機器を患者ごとに交換せずに使い回している可能性があることが、2017年の厚生労働省研究班(代表=江草宏・東北大学歯学部教授)の調査でわかった。

使い回しが7割弱だった5年前の調査に比べて改善したものの、院内感染のリスクが根強く残る現状が浮き彫りになった。

(読売新聞より引用)

歯科医院が感染の場になるなんて、絶対にあってはならないことです。 どの歯科医院に行っても、感染の心配なく安心して医療を受けられることが「当たり前」になって欲しいと心から願います。

大久保歯科では、家族にしたい治療、自分たちが受けたい治療を常に心がけており、その基礎となるのが衛生管理です。 患者様ごとに器具の滅菌(または使い捨て)を徹底しています。 滅菌作業は手間も時間もコストもかかり、スタッフには苦労をかけていますが、同じ想いで毎日頑張ってくれています。